[トップ] [戻る] [新着順] [キーワード検索] [過去ログ] [ユーザー設定] [管理室]
Top  [1/9] Next Next Last

 宮崎駿監督が被災地にタバコ支援
 No: 158 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/04/21(Thu) 23:02:36

 宮崎駿監督が日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市の漁業共同組合にタバコをプレゼントした。
 物資供給が不十分な被災地ではタバコの入手が難しくなっており、コンビニや駅の売店などには「タバコ売り切れ」や「入荷未定」といった紙が貼られている。様々な支援物資が届く避難所でも、タバコは嗜好品ということでなかなか配給されない。ヘビースモーカーとして知られる宮崎駿監督は「同じスモーカーとして、タバコがないのは辛いだろう」と、タバコ支援を発案。スタジオジブリの社員に呼びかけて、タバコの提供を募った。集まったタバコは、ピースやラーク、チェリーなど十数種類。それらのタバコ約200箱をもって、ジブリのスタッフが2011年4月8日に気仙沼の漁協を訪問。「漁師さんに渡してください」とタバコを手渡した。


 「コクリコ坂から」が公開 長澤まさみが舞台挨拶の司会に挑戦
 No: 163 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/07/17(Sun) 22:38:20

 スタジオジブリの新作アニメーション映画「コクリコ坂から」が16日、全国で公開された。東京・千代田区の映画館では、宮崎吾朗監督をはじめ、声優を務めた長澤まさみさん、岡田准一さん、風間俊介さんらが舞台挨拶を行なった。
 長澤さんはジブリの鈴木敏夫プロデューサーの発案で司会に挑戦。緊張から舌が回らなかったり、同じく声優を務めた香川照之さんを「アンジェリーナ・ジョリーさんです」と紹介するなど、終始グダグダだったが、自ら「和気あいあい」と自画自賛する微笑ましい舞台挨拶となった。
 映画への思いを聞かれると背筋を伸ばし、「映画に登場する一生懸命に生きている人たちの姿を見て、勇気をもってくれれば」と話した。岡田さんは「まっすぐな気持ちをもった人たちが作ったまっすぐな作品。大切な人と見てほしい」と語った。


 スタジオジブリが 「コクリコ坂から」でKDDIとタッグ
 No: 162 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/06/23(Thu) 23:34:47

 スタジオジブリが7月16日公開の新作「コクリコ坂から」でKDDIとタイアップし、プロモーションにインターネットや携帯電話を活用する。22日に行われた発表会で鈴木敏夫プロデューサーが明らかにした。
 これまでインターネットとは距離を置いてきたジブリだが、鈴木プロデューサーによれば「いつかやらなければならないと思ってきたがきっかけがなかった」という。しかし、KDDIの担当者が率直であったこととドワンゴ会長の川上量生さんがジブリにプロデューサー見習い修行に来たことが重なり、「この人たちとならやってみたい」と決意した。
 プロモーションのテーマは鈴木プロデューサーの発案で「不易流行」。変わらないものと変わるべきものが共存するという意味で、KDDIの考えるコミュニケーションへの姿勢と重なることから採用された。鈴木プロデューサーはデジタル端末が嫌いだとされる宮崎駿さんにauの携帯電話を渡したエピソードも紹介。「本人は『使っていない』と言い張っているが、会社の電話なので明細を見ればそうでないことは一目瞭然。現代では避けて通れないツールになっているので、ジブリも携帯やネットに取り組むことになった」。
 キャンペーンは7月1日開始される。au端末向けに宮崎吾朗監督のインタビューや予告編映像を配信し、主題歌のダイジェストもダウンロードできるようになる。また、スマートフォンの画面を着せ替えられる機能の提供も始めるほか、7月上旬から「私を、あなたに伝えたい」という宣伝コピーで主題歌を歌う手嶌葵が登場するテレビCMも放映する。


 「コクリコ坂から」舞台の横浜でスタンプラリーを開催
 No: 161 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/06/22(Wed) 21:44:30

 スタジオジブリの新作「コクリコ坂から」(宮崎吾朗監督)の公開に合わせ、ジブリと横浜市などが協力して行うキャンペーンの内容が固まった。
 映画は、1963年の横浜を舞台に、高校生の少女・松崎海を中心とした青春群像を描いている。キャンペーンの目玉は、映画に登場する横浜市中区の洋館や、港の見える丘公園などを紹介するガイドマップを使ったスタンプラリーで、映画の舞台を巡りながら、横浜の文化や歴史を体感、再発見できる。期間は7月16日から8月31日までで、達成者には先着1万人に映画公開記念グッズが贈られる。横浜市の林文子市長は「横浜は『現在と過去が共存する街』。ガイドマップ片手に、横浜の街を巡ってほしい」とのコメントを出した。


 「コクリコ坂から」原画展が池袋と横浜で開催
 No: 160 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/06/21(Tue) 23:15:08

 7月16日に公開される「コクリコ坂から」の美術世界を紹介する原画展が、7月23日から28日まで東京・西武池袋本店の西武ギャラリーで、8月10日から15日まで横浜そごうで開催される。入場料はいずれも一般・大学生500円で、高校生以下は無料。
 原画展は、スタジオジブリの美術画集「ジ・アート」シリーズと共同で制作されたもので、映画制作に使われた美術資料100点以上を厳選して展示する。企画・脚本の宮崎駿さんによって制作初期段階に描かれたイメージボード、宮崎吾朗監督やキャラクターデザインの近藤勝也さんによるスケッチ、さらに美術監督らによる美術ボード、背景画などを集めた。
 また、会場では劇中で登場する主人公の海が通う高校の文芸部が発行した新聞「週刊カルチェラタン」を再現し、来場者全員に配布される。さらに、会期中は会場にてスタジオジブリ責任編集の「ジ・アート・オブ コクリコ坂から」(徳間書店)の先行販売も行う。本書には背景画やイメージボード、キャラクターラフスケッチ、美術ボードを収録するほか、メインスタッフへのインタビュー、アフレコ台本も掲載する。

●「コクリコ坂から」原画展
・主催:「コクリコ坂から」製作委員会・読売新聞社
・入場料:一般・大学生500円(高校生以下無料)

・西武池袋本店
会期:7月23日(土)〜28日(木)
会場:別館2階=西武ギャラリー
開場:10時〜20時

・横浜そごう
会期:8月10日(土)〜15日(木)
会場:8階 特設会場
開場:10時〜20時


 「コクリコ坂から」のキャストが決定
 No: 159 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/05/13(Fri) 22:56:50

 7月16日に公開予定のスタジオジブリ最新作「コクリコ坂から」の声優に、女優の長澤まさみとV6の岡田准一が起用されたことが12日、分かった。
 「コクリコ坂から」は1963年の横浜を舞台に、歴史ある古い建物の保存を巡る紛争から高校生の男女が心を通わせる物語で、主人公の16歳の少女・松崎海を長澤が、海が心を寄せる17歳の少年・風間俊を岡田が担当する。長編アニメーション映画に初出演となる長澤は「喜びと同時に、ジブリ作品が大好きなので私で大丈夫かなと少し不安もありますが、とにかく楽しむことを忘れないように自分らしくできたらと思います。海ちゃんのしっかりとした芯のあるところをキチンと出せるよう、丁寧に落ち着いて取り組みたい」とコメント。2006年公開の「ゲド戦記」に続いて宮崎吾朗監督作に出演する岡田は「今回もお話をいただけたこと、そして大好きなジブリ作品に参加させていただけることを大変光栄に思います。監督やキャスト、スタッフのみなさまに支えていただき、いつまでも見続けられるジブリ作品の力に少しでもなれるように精いっぱい演じたい」と意気込みを語った。
 鈴木敏夫プロデューサーは今回のキャスティングについて、「海ちゃん役の長澤さんに関しては、三谷幸喜さん脚本のドラマ『わが家の歴史』での彼女のお芝居が良かったので決めました。そして、海ちゃんの相手役の俊くんには、『ゲド戦記』にも出てもらった岡田君に。一度一緒にやっているので、気心が知れているので、お願いすることにしました」と説明した。
 すでにアフレコ収録は始まっており、今月中旬から本格化する。キャスティングは以下の通り。

松崎海:長澤まさみ
風間俊:岡田准一
松崎花:竹下景子
松崎良子:風吹ジュン
松崎空:白石晴香
松崎陸:小林翼
北斗美樹:石田ゆり子
広小路幸子:柊瑠美
水沼史郎:風間俊介
小野寺善雄:内藤剛志
風間明雄:大森南朋
徳丸社長:香川照之


 スタジオジブリが被災地で無料上映会
 No: 157 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/04/21(Thu) 22:38:07

 東日本大震災の被災地で、「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」の無料巡回上映会が行われた。NPO法人ピースウィンズ・ジャパンの要請にスタジオジブリが応える形で実現したもので、巡回上映の開催にあたり、スタジオジブリはDVD、映写機、スクリーンなどの機材一式を提供。スタッフも同行し、トトロが描かれた色紙を一人一人にプレゼントしたという。
 上映会は、4月7日から20日までの14日間で宮城県気仙沼市、南三陸町、岩手県陸前高田市、大船渡市の16か所の避難所を巡回した。避難所となっている学校などが再開したことから、20日に一度活動を休止している。ピースウィンズ・ジャパンによれば、今後の活動については検討中であるという。


 「耳をすませば」のBDが発売へ
 No: 156 / Genre: ソフト / Date: 2011/04/11(Mon) 21:10:05

 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、1995年に公開されたスタジオジブリ作品「耳をすませば」のブルーレイディスク(BD)が7月20日に発売されることを発表した
 「耳をすませば」は、柊あおいさんの同名少女漫画を原作にしたアニメーション映画で、読書が大好きな中学3年生の少女・月島雫が、ヴァイオリン職人を目指す少年・天沢聖司と出会い、自身の進路に悩みながら成長していく物語。7月16日に公開予定のスタジオジブリの最新作「コクリコ坂から」も少女漫画を原作としており、「耳をすませば」制作前に企画として挙がっていた。


 「コクリコ坂から」の主題歌が決まる
 No: 155 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/03/28(Mon) 23:55:03

 スタジオジブリは28日、自社で会見を開き、7月16日に公開予定の最新作「コクリコ坂から」の主題歌が「さよならの夏〜コクリコ坂から〜」であることを発表した。
 この楽曲は森山良子が1976年にリリースした「さよならの夏」のカヴァーで、映画「ゲド戦記」の挿入歌「テルーの歌」でデビューした手嶌葵が歌う。6月1日にシングルCDとして発売され、7月6日発売予定のアルバム「コクリコ坂から歌集(仮)」に収録されることも決まった。


 日本テレビの氏家会長が逝去
 No: 154 / Genre: 訃報 / Date: 2011/03/28(Mon) 22:11:25

 日本テレビ放送網の代表取締役会長である氏家齊一郎が3月28日午前6時10分、多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなった。84歳だった。
 氏家氏は1926年5月17日に東京都に生まれる。東京大学卒業後、1951年に読売新聞社に入社。経済部長、広告局長などを経て、1980年常務取締役に就任。1982年日本テレビ代表取締役副社長に転じ、1985年最高顧問となる。一度退任するが、1991年日本テレビに最高顧問として復帰。1992年日本テレビ社長に就任し、2001年日本テレビ会長兼CEOとなる。2003年、視聴率不正操作問題の責任を取りCEOを辞任するが、会長職には留まる。
 その間、財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事長にも就任。スタジオジブリ作品の製作に名を連ねる。また、東京都現代美術館の館長を務めていた縁で、スタジオジブリ関連のイベントが同美術館で開催されることもあった。


 「ハウルの動く城」の原作者が逝去
 No: 153 / Genre: 訃報 / Date: 2011/03/27(Sun) 19:07:30

 「ハウルの動く城」の原作者であるイギリスのファンタジー作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんが、現地時間3月26日に亡くなった。76歳だった。
 ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんは1934年8月16日にロンドンに生まれ、オックスフォード大学卒業と同時に結婚し、3児の子育て中に独創的なファンタジーを数々発表。代表作の1つ「ハウルの動く城」シリーズの「魔法使いハウルと火の悪魔」が2004年、宮崎駿監督によって「ハウルの動く城」としてアニメーション映画化された。本人も宮崎駿監督のファンであった。
 2009年夏に肺癌と診断され、以降は闘病生活を送っていた。


 「借りぐらしのアリエッティ」のDVD&BDの発売日が決まる
 No: 152 / Genre: ソフト / Date: 2011/03/18(Fri) 22:00:50

 2010年夏に公開された「借りぐらしのアリエッティ」のDVDとBDが、6月17日にウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンから発売されることが決まった。価格はDVDが2枚組で4935円、BDが1枚で7140円(どちらも税込)。
 特典映像として、DVDが絵コンテと予告編集、BDが宮崎駿氏(約24分)と米林宏昌監督(約41分)へのインタビュー、アフレコ台本、公開記念特番「スタジオジブリの源流を探る旅」(2010年7月9日放映)、セシル・コルベルによる主題歌のPV、予告編集を収録する。また、先着購入特典としてアリエッティが髪留めにしていた洗濯ばさみがDVDとBDの両方に付く。洗濯ばさみは原寸大ではなく大きめ(縦12.5×横4.6×厚さ7.2cm)である。


 「コクリコ坂から」の公開日が決まる
 No: 151 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/03/05(Sat) 21:30:23

 スタジオジブリの最新作「コクリコ坂から」の公開日が7月16日土曜日であることが明らかとなった。5日、スタジオジブリが公式ウェブサイト上で発表した。


 「水グモもんもん」と「やどさがし」がニューヨークで上映
 No: 150 / Genre: 最新ニュース / Date: 2011/03/04(Fri) 20:13:26

 三鷹の森ジブリ美術館で上映されている短編アニメーション「水グモもんもん」と「やどさがし」が初めて海外で上映されることが明らかとなった。
 世界的に有名な指揮者・小澤征爾氏が芸術監督を務める"Japan NYC"のイベントの一環としてニューヨークのカーネギーホールで上映される。これまで三鷹の森ジブリ美術館でしか見ることができなかった2作品が海外でお披露目されるとあって注目が集まっており、カーネギーホールのオフィシャルサイトでは、宮崎監督のことを「日本の伝説的な映画監督」と紹介している。上映は3月26日から。


 「ジブリの本棚」がDVD・BD化され発売へ
 No: 149 / Genre: ソフト / Date: 2011/02/23(Wed) 23:56:55

 昨年8月7日にBS日テレ開局10周年特別番組として放送された「ジブリの本棚〜宮崎駿が選ぶ 子どもたちに読ませたい本〜」がDVD・BD化され、6月3日にウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンから発売されることが決まった。
 同番組で宮崎監督は、岩波少年文庫から子供たちのために選んだ50冊の児童文学に書いた推薦文とともに、本への思いや自身の作品の原点になった児童文学の魅力について語っている。また、自身に大きな影響を与えた児童文学者である石井桃子さんと中川李枝子さんの話や、高畑勲監督との関係にも触れている。
 児童文学好きだというエッセイストの阿川佐和子さんがナビゲーターを務め、女優・モデルの杏さんと本や児童文学の魅力について語り合うコーナーもあり、杏さんは自身の心に残った児童文学を数冊朗読している。
 初回限定特典としてミニ本「岩波少年文庫の50冊」が付く。値段はDVDが3990円で、BDは6090円。


 スタジオジブリ最新作「コクリコ坂から」が来夏公開
 No: 148 / Genre: 最新ニュース / Date: 2010/12/15(Wed) 23:25:08

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが15日、東京・有楽町の東宝本社で会見し、来年夏に最新作「コクリコ坂から」を公開すると発表した。監督は「ゲド戦記」以来5年ぶり2作目となる宮崎吾朗さんが務める。
 「コクリコ坂から」は高橋千鶴さん作画、佐山哲郎さん原作の少女漫画で、下宿人の面倒を見ながら大所帯で生活する女子高生の小松崎海、新聞部で学園自治に奔走する風間俊、生徒会長の水沼史郎の3人を軸にした学園ドラマだ。
 企画の宮崎駿さんは同作が講談社の雑誌「なかよし」で連載されていた1980年に映画化を模索したことがあるという。この時は「学園紛争が風化しつつもまだ記憶に残っていて時代遅れの感が強い」と断念したが、「学園紛争がノスタルジーになった今ならできる」と再度、企画書を書き上げた。また、今年の7月に角川書店から新装版が出版された際には、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが「少女漫画は映画になり得るか、只今、企画検討中です」とコメントを寄せていた。
 1980年代の架空の場所を舞台としていた原作と違い、映画では東京オリンピックの前年である1963年の横浜に設定した。鈴木プロデューサーはその理由を「高度経済成長、バブルを経て、現在の閉塞感がある。その起源となった時代を切り取ることで見えてくるものがあるのではないか」と説明した。吾朗さんを抜擢した経緯については「彼は『ゲド戦記』を監督後、別の作品を映画化しようと試みていたが、実現に至らなかった。しかしこの期間にかなり腕を上げていて、監督を打診すると『やってみたい』と即決してくれた」と語った。吾朗さんが監督することについて駿さんは「監督は2作目で真価を問われる」と話しているという。
 ポスター画は駿さんが描き、キャッチコピーは鈴木プロデューサーのアイデアで坂本九さんのヒット曲名でもある「上を向いて歩こう。」となった。「前向きに生きようと言われるのはしんどい時代。だからといって後ろ向きになりたくない。ならばせめて上を向こうじゃないかという思いを込めました」。
 脚本は駿さんと丹羽圭子さん、キャラクターデザインは「崖の上のポニョ」で作画監督を務めた近藤勝也さん、主題歌は「ゲド戦記」に続き手嶌葵さん、音楽は武部聡志さんがそれぞれ務める。


 「パン種とタマゴ姫」公開へ
 No: 147 / Genre: 最新ニュース / Date: 2010/11/19(Fri) 23:26:47

 宮崎駿監督の新作短編アニメーション「パン種とタマゴ姫」の試写会が19日、三鷹の森ジブリ美術館で行われ、中島清文館長が「ブリューゲルの絵をきっかけに、宮崎監督がイメージを膨らませて作った映画」と製作の経緯を明らかにした。
 新作は、とある農村が舞台。不思議な力を持つバーバヤーガが暮らす水車小屋で、タマゴ姫は召使いとして辛い重労働に追われていた。ある夜、バーバヤーガの言いつけでこねていたパン種が突然生命を持ち、動き出す。そのパン種とともに、恐ろしいバーバヤーガから逃げ出すタマゴ姫。麦の収穫が行われるなか、2人はバーバヤーガの追跡をかわそうとするが、この先はどうなるのか。
 映画の公開と同時に始まる「ジブリの森のえいが展」の後期展示では、豊富なビジュアル資料で新作の世界観に触れられる。宮崎監督は展示に「パンを食べる国々にはパンが逃げ出すお話があるのを知りました。パンになる前のパン種なら、ネバネバ、グニャグニャ逃げ出すのかなぁ…、そんなことを考えているうちに、この映画を思いつきました」とメッセージを寄せている。


 宮崎監督デザインの「トトロの家」公園に
 No: 146 / Genre: 最新ニュース / Date: 2010/07/26(Mon) 23:10:55

 「トトロの住む家」として親しまれ、昨年2月に不審火で焼失した東京都杉並区の民家と庭園が、宮崎駿監督のデザイン画を基に公園として生まれ変わった。25日の開園式には、宮崎監督も駆け付けた。
 民家は昭和初期に建てられた木造平屋建ての洋風家屋で、広い庭にクヌギなどの木々や花々が生い茂っていた。当時、近くに事務所を構えていた宮崎監督が散歩の際に見つけ、自身の著書「トトロの住む家」の中で「トトロが喜んで住みそうな家」と紹介して一躍有名になった。地元住民やファンの声に押され、杉並区が保存を決めたが、昨年2月に不審火で焼失した。焼失を知った宮崎監督が無償でデザイン画を提供し、区が防災倉庫を兼ねた公衆トイレとして再整備。茶色の板張りの外壁や白い窓枠など焼失前のイメージに近づけ、赤い素焼きの屋根瓦の一部は当時のものを使用した。
 式典後、宮崎監督は民家に住んでいた近藤英さん(85)と庭を散策、「公園はきょうがスタート。10年くらいたったら見事な庭になる」と笑顔を見せた。 


 「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」が盛況
 No: 145 / Genre: 最新ニュース / Date: 2010/07/25(Sun) 20:52:30

 スタジオジブリの新作作「借りぐらしのアリエッティ」の世界を、映画美術監督の種田陽平氏が再現した「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」が人気を集めている。今月17日の映画公開に合わせ、東京都現代美術館で始まった同展には、休日に1日約5000人が訪れる盛況ぶり。映画を観賞した観客にとって、スクリーンの世界を追体験できることが魅力のようだ。
 映画の主人公・アリエッティは14歳の少女で、身長10センチの小人。展示会では、人間の家の軒下で暮らすアリエッティの家を映画セットのように立体的に再現。家の素材は人間からの「借り物」という設定で、紅茶の空き缶で作ったタンスなどが並ぶアリエッティの部屋や、身の丈ほどもある工具が並ぶ父親の仕事部屋などがある。入場者は、薄暗く細い通路を巡りながら、小人の世界を体験できる内容で、最後には巨大な草花が鬱蒼と茂る庭に出る。
 映画美術の第一人者である種田氏が手がけた映画美術作品も紹介。同館では「休日は混雑が予想され、平日が狙い目」としている。
 会期は10月3日まで。時間は10時から18時(入場は17時半まで)で、入場料は大人・大学生1200円、中高生900円、小学生600円。


 「借りぐらしのアリエッティ」が封切
 No: 144 / Genre: 最新ニュース / Date: 2010/07/18(Sun) 23:08:46

 スタジオジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」が17日、全国で一斉に公開された。封切にあたり、舞台挨拶が東京・日比谷スカラ座で行われ、声優を務めた志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、三浦友和、竹下景子と、主題歌を歌ったセシル・コルベル、米林宏昌監督、鈴木敏夫プロデューサーが登場した。
 アリエッティ役の志田は、初のアフレコの仕事に緊張したと言いながらも「小さいころからジブリ作品を見て育ってきたのですごくうれしかったです」と喜びのコメントを残した。
 「千と千尋の神隠し」(2001年)、「ハウルの動く城」(2004年)など、ジブリ作品での声優は今回で4作目となる翔役の神木は「相変わらず緊張しましたが、スタッフの皆さんが家族のように接してくれたので大丈夫でした」とすっかりスタッフと打ち解けていることを明かした。
 アリエッティの母・ホミリー役の大竹は「2人の子どもも、ジブリの映画を見ながら育てました。台詞も全部覚えるくらいに大好き!」とジブリ作品への熱い思いを告白した。
 また、屋敷の主人・貞子役の竹下は「映画では有名な貞子さん(「リング」シリーズ)がいますが、これからはアリエッティの貞子さんと思っていただけたらと」とおちゃめなコメントで会場の笑いを誘った。
 本作で監督デビューとなった37歳の米林監督は「会社では“麻呂”と呼ばれています」と笑顔であいさつし、「本作の登場人物は、床下に3人、床上に3人、そしてプラス1人です。存在感がある演技がかなったのは、キャストの方々のおかげです」と感謝の言葉を述べた。
 鈴木プロデューサーは「大きな目標があります。動員数で「(崖の上の)ポニョ」を超えたいんですよ。宮崎駿がいないから言っちゃいます。あ、これは書かないでくださいね(笑)」と大胆発言をして観客を驚かせた。


Top  [1/9] Next Next Last
  削除

  [ホーム] [戻る] [新着順] [キーワード検索] [過去ログ] [ユーザー設定] [管理室]
 - AmigoNewsBoard